私のFP人生④ FPの求人が多い職種とは

*

私のFP人生④ FPの求人が多い職種とは

ニーズがある分野のFPになる

FPとして年収を確保するには、ニーズがある分野で勝負しないといけません。

私の場合は「高齢者の安心・安全・安らかな住まい探し」をお手伝いするというのが専門性になります。
高齢化社会の日本では、高齢者のためのサービスというのに需要が集まって行くでしょう。
ニーズという面では申し分ありません。


FPは保険、金融、不動産で求人が多い

FPの場合、開業以外にFPとして会社に勤めるという方法もあります。
FPの求人で多い職種は保険業、金融業、不動産業が代表的です。
FPの勉強法では、どういう専門に進もうかなと考えつつ、勉強を進めるようにすると、興味もわくので勉強がはかどりやすいですよ。

FPを取ったら、FPの求人が多い職種で就職・転職活動をするのが良いですね。
保険業、金融業、不動産業なら、FPの資格を持っておくと、採用面で有利になります。

FPの資格を持っている人と、持っていない人だったら、FPを持っている人が採用されます。
それは、これらの職種がFPの専門性と密接にかかわっているからです。
FPの専門知識を生かせる仕事なのです。

69b585ab396a6f328b4f4b888d8a5305_s


不動産系FPを目指すなら住宅ローンアドバイザーの資格もおすすめ

FPの求人で、不動産業への就転職を考えているのなら、FPのほかに、住宅ローンアドバイザーの資格も持っておくと、さらに信頼性が高まります。

仕事では、お客さまが最大限の満足を得るための選択にあたり、どう不安感を取り除いて、一歩踏み出していただくためのサポートをすることが仕事となります。
相手の立場に立って物事を考える、思いやりの心は大切ですよ。


 >>次のページ>FPの通信講座比較

 >>FP協会認定の講座なら2級からのスタートも可能です