FP2級の試験概要と出題科目

合格率よりも重視してほしいのが、みなさんの受験対象であるFP2級試験の出題科目です。このページでは、FP2級の試験概要と出題科目を確認しましょう。

2級FP技能士試験(FP2級)概要

試験実施概要

  • 実施日:毎年1、5、9月(毎年3回実施)
  • 申し込み:郵送もしくはインターネットの2通り
  • 試験会場:全国の指定会場により実施
  • 受験費用:8,700円(学科単独:4,200円、実技単独:4,500円)

学科試験:120分

  • 出題形式:下記6題より各10問、すべて4択式で計60問を出題
  • 合格基準:1問1点の60点満点で36点(60%)以上の獲得

出題科目

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業継承

実技試験:90分

  • 出題形式:下記7題より記述式(選択式)で計40問を出題
  • 合格基準:1問2.5点の100点満点で60点(60%)以上の獲得

出題科目

  • FP総論(2問)
  • 金融資産運用設計(4問)
  • 不動産(3問)
  • リスク管理(4問)
  • タックスプランニング(3問)
  • 相続・事業継承(3問)

※より詳細な情報等は、金融財政事情研究のサイトをご覧下さい。

日本にはもうひとつのFP資格が存在する

前ページでFP2級試験について、年3回の実施とチャンスも多く個別合格もあり尻込みする必要はないと述べました。
確かに尻込みする必要はありませんが、履修すべき科目は多くファイナンシャル知識のない初学者の方にとって、決して侮れる試験ではないことも事実です。

さて、実は日本には国家資格であるFP技能士試験のほかにも、AFPやCFPという民間資格が存在し、それらは取得方法からしてFP技能士技能士資格と密接に関係しています。