FPのベスト勉強法は独学かその他か

FP技能検定は独学でも合格可能?

FPの資格というのは、なかなか複雑な体系になっている。
日本で「ファイナンシャルプランナーの試験」といえば、 ・国家試験であるFP技能検定(1級、2級、3級)と、 民間試験であるAFP、CFPの2種類がある。

だから、「FP資格を取るぞ!」という人は、・国家資格のFP技能検定を、3級→2級→1級とステップアップしていくか、 民間資格のAFPを取って、CFPにステップアップしていくか、どちらかの選択になると思う。

さて、この2種類の試験が、完全に別個の、全く相互に関係のない試験だったら、FP試験の体系は、全然複雑ではない。
しかし、この2種類の試験は、受験資格や試験自体が、相互に関係し合っているから、説明が大変なのである。

面倒な説明は後回しにするとして、ここで理解してほしいことは、??

「2級FP技能検定の学科試験」が、民間試験であるAFPの学科試験を兼ねている・・・ということだ。
つまり、FPの国家資格を取ろうとしている人も、民間資格を取ろうとしている人も、みんな「2級FP技能検定の学科試験」は、避けて通れない関門なのである。

独学か、スクールか

FPの資格を上手にとりたいなら、勉強法を最大限に効率良くすることは欠かせませんね。
FPの試験は、1級やCFPを狙うのでもない限り、それほど苦労する資格試験だとはいえないです。

そうはいっても、FP試験を受けるのだったら勉強法を厳選して集中して取り組まないといけませんし、ちゃんとした勉強法を実行していなかったらたぶん不合格になってしまうでしょう(試験の合格率を眺めていると、そういう失敗をしている人たちが毎回うじゃうじゃいることが一目瞭然ですから)。

それじゃFPの勉強法は、どうやったらいいでしょうか? 
勉強法のコツを探す前にまず方法のことがあります……

独学でFPを勉強するか、先生について教えてもらうかです。

FPは数か月の間集中して机に向かう勉強を取るだけで受かると主張する人がときどきいます。
それは間違いではないようです。FP2級も3級もともに、独学という勉強法での合格者はいますが、全員がそれをまねできるわけでもありません。

独学の勉強法でも合格のチャンスが「平均して」全員にありそうだといえるのはFP3級でしょう。
3級はだれでも受験できるようになっていることからもわかるようにFPへの第一歩ですし。

……でも全員が独学の勉強法でFP3級に受かるわけでもないので、心配な人はスクールや通信教育に頼ってほしいです。

しかしFP2級+AFPとなるとそうでもありません。2級はやっぱり難易度が上がりますからね。
FP2級で独学という勉強法を選ぶことは相当の自信がない限りすすめられないです。

2級からは独学はおすすめできない

2級からはスクールや通信教育のほうが安全です。
ベテランの先生に教わったほうが、勉強の進み具合が違いますし、1回の受験で通る見込みも強くなります。

FP資格で就職や転職を成功させたい人たちは時間がそんなにないのではないでしょうか? 

時間を無駄にしたくないなら、「FP3級→FP2級+AFP」というコースを一流の先生に教わりながらたどるのがいちばんです。

そしてもうひとつの特典が、一部のスクールや通信教育にはあります。

それはAFPの認定研修を並行して受けさせてくれることです(全部ではありませんから、AFP認定研修もやっているかどうかは、事前に必ず確認してくださいね)

これは、独学という勉強法では絶対に期待できません……

独学の場合は、FP2級や3級の勉強とはまた別にAFPの認定研修について自分で申し込んだり手続きをしたりしないといけません。

特に、通信教育の場合は、全国のどこに居住していても使えますから便利ですね。

AFPは独学だけでは無理

AFPは、完全な独学では取得できない。 試験が難しいという理由ではなく、試験システム的に、独学では無理なのである。
このAFPという資格を取るには、「AFP認定研修」という研修を受講する必要がある。この研修の受講修了が、AFP認定試験の受験資格となっているからだ。